トップ PICK UP tamaki niime 18awシリーズが届きました

PICK UP

tamaki niime 18awシリーズが届きました

2018/10/26
空気をたっぷりと含み手織のようなふんわりとした肌ざわり

『 tamaki niime / 玉木新雌 』
古くは、某有名ブランドへ生地を供給していた播州織りの産地、兵庫県西脇市にアトリエを構え、デザイナー玉木新雌氏が自らの手で織機を操り、年代も性別も超えて、誰もが自由に長く使ってもらう想いをショールやウエアに乗せてものづくりを行うプロダクトです。

[ wide pants short wool ]
コーディネイトの幅を膨らませてくれるどこか不思議なワイドパンツ


ウール70%コットン30%を混紡して、ヴィンテージのベルト式力織機にてゆっくりと織り上げた、たっぷりとした空気感とふんわりと柔らかい質感が特徴の素材。ウール特有のチクチクした着心地はありません。先染めならではの色彩豊かな表情、肌触り、軽さがあり、空気をたっぷりと含み手織りのようなふんわりとした雰囲気も特徴で、コーディネイトの幅を膨らませてくれるどこか不思議な作品でもあります。  


1点1点異なる柄にて織り上げている1点もの。 ウエストにはゴムバンドにて仕立てているのでラクチンで着用でき窮屈感はなく、スカートのようでありながらワイドなパンツです。左右で色柄を切り替えたデザインで、モードな雰囲気を兼ね備えた心をくすぶられるアイテムです。前後の指定はないので、その日の気分によって楽しむこともできます。 また、レギンスを忍ばせれば寒い日も活躍してくれる温かさがありますよ。










[ only one boso wool ] 
冷える季節のお供に


ウール混のホールガーメントにて編み上げられたwool boso。冷えないように手もとや、足もとをあたたかく包んでくれます。bosoとは、玉木さんの出身地である福井県で呼ばれていた名前だそうです。
編み組織の変化、左右で色柄の組み合わせの変化も加えた遊び心のある仕様。リブ部分にはシャームホールを施しているので、親指を通すことができます。時には手元にアームウォーマーとして、時には足元にレッグウォーマーとして自由なスタイルでお楽しみください。  






[ roots shwal wool middle ]  
ふんわりと柔らかく、極上の巻き心地


ウール70%とコットン30%を混紡して、年代製のレピア織機にて仕立てられたウールショール。先染めならではの色彩豊かな表情、肌触り、軽さがあります。空気をたっぷりと含み手織りのようなふんわりとした巻き心地が特徴で、コーディネイトの幅を膨らませてくれるどこか不思議な作品でもあります。 
1点1点異なる柄にて織り上げている1点もの。 ミドルタイプのショールは、織られた生地を半分にして仕立てられているので、サイドは片方のみフリンジとなります。縦は上下にフリンジ仕様です。また、二重織り組織なのでウォーム感があります。 








色彩豊かな色柄をアクセントに冬の名脇役を見つけてみてください。きっと、コーディネイトの幅を広げてくれるはずです。